頬のできたシミが薄くなった!市販の美容液が優秀

敏感肌でちょっとした刺激でも肌が赤くなったり、ニキビができやすい肌質です。肌が弱いのでシミもできやすいと思うんですが、頬に小さいシミができて1ヶ月、2ヶ月経っても消えないので悩んでいました。

シミって濃くなってくるとシミ取りクリームが効かなくなってくるみたいだったので、何か良い化粧品がないかと探していました。その時にドラッグストアで見つけたのがメラノCCの美容液です。

メラノCCは活性型ビタミンCが使われていて、空気に触れても壊れにくいのでシミに直接働きかけてくれそうだと思いましたし、ビタミンE誘導体や肌の炎症を抑えてくれる成分も入っているのでニキビ痕にも使えそうだと思って1本試してみました。

メラノCCの美容液は1滴ずつ出せるチューブタイプで頬の小さいシミに直接付けられるのが便利でした。サラッとした液で柑橘系の香りも爽やかで良かったです。

最初の1週間くらいはシミに直接塗っていましたが、薄くなった感じが無かったのでコットンに染みこませてシミがあるところに貼り付けてパックするようにしました。

全部使い切る頃にはシミが薄くなってくれて効果があったので嬉しかったです。ただ、美容液タイプはコットンに染み込ませる時にちょっと面倒だったので、メラノCCの集中対策マスクが今気になっていて、今度使ってみようと思ってます。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>シミ消しクリームランキングおすすめ人気

美味しい卵かけご飯を食すべし!

私の朝ご飯は年間300日くらいは余裕で卵かけご飯です。
何故かというと美味しいし、お肌のために卵は1日に1個は食べようと決めているから。
でも、毎日同じ卵かけご飯を食べているわけではありません。
卵かけご飯はアレンジ次第でもっと美味しくなるんです。

ごま風味編
熱々ご飯に粒ごまを混ぜ、ごま油を少々。
卵を割りいれて、醤油を適量垂らして最後にキムチをトッピングして完成です。
キムチがピリッとして食が進みます。

ご飯ですよ編
市販のご飯ですよを醤油の代わりに足していただきます。
少し甘めでクセになる味。
子供の頃から続く、私の定番アレンジです。

キュウリのキュウちゃん編
キュウリのキュウちゃんを細かく刻んで、卵かけご飯にトッピング。
歯応えが生まれて、楽しく食べられるのでおすすめ。
個人的に夏場は冷ご飯にして食べると「食べたくない朝」も乗り切れます。

子供に大ウケ編
子供が面白がって食べるアレンジは、ベビースターラーメンのお菓子をトッピングして食べるスタイルです。
ベビースターのカリカリな食感と独特の香ばしさは格別。
胡椒をプラスすると大人味になります。

朝ご飯をささっと楽しく美味しく食べるための工夫です。
忙しい中でも大好きなものをよりグレードの高い食べ方にできるかが毎日の勝負。
以外に何でもマッチする卵かけご飯は偉大です。

コンビニエンスストアの食品廃棄

興味があるといえばコンビニエンスストアの廃棄ですね。食品廃棄が出る店はコンビニエンスストアだけじゃないけれど、コンビニエンスストアの食品廃棄は問題だと思いますよ。

なぜって、食品廃棄量がコンビニエンスストアは多いからです。スーパーマーケットでも食品廃棄は当然出るんですが、従業員で分けるなどして食品を捨てないように工夫しています。

それに比べるとコンビニエンスストアは食品廃棄を持って帰ってはいけないとか、食べてはいけないという決まりがあり、それについてはかなりきびしいです。

まだまだ食べられる食品を平気でゴミ箱へ入れて捨ててしまうより、必要な人に食べてもらったりみんなで分けたりした方が良いに決まってます。

食べられないものならゴミ箱行きですが、まだまだ食べられるものや賞味期限を少し過ぎただけの食品をゴミにするなんて悲しすぎます。

コンビニエンスストアのお弁当とか食品は賞味期限が短い物が目立ちますね。食品添加物量を減らしているから賞味期限が短くなるのでしょうが、それはそれとして処分の仕方に問題があると思います。

食べるものがなくて困っている人も世の中にはたくさんいるのです。そういうことを考えて欲しいと思います。